車

後ろにドライブレコーダー設置するだけで事故は減らせる

このエントリーをはてなブックマークに追加

車検の必要性を考える

整備

車検は福岡の道路を安全に走るために必ず必要な検査です。これがあることによって事故の数を抑えています。もし、そういったルールがなければ走行中に突如壊れて事故が多発する可能性もあります。

関連リンク

  • ハイドロナノコート

    車のコーティングとしてもお風呂の鏡曇り止め剤としても利用できるのがこちらの商品です。様々な活用方法があるので利用しちゃいましょう。
  • 株式会社富士オイル

    愛車を任せるならココが最適。車検が安い神奈川の業者なら、しっかり整備を行なってくれますよ。こちらをご覧ください!

タイプによる撥水の違い

車

ガラス系コーティングと一口にいっても、それぞれタイプが違えば性能にも違いがあります。しかし、必ずしもどれが正解というわけではないので最終的に選ぶのは自分の好みです。

万が一の場合に備える

レコーダー

マナーの悪い人による運転は時に事故を引き起こしてしまいます。その原因は数えきれないほどあり、スピード違反や執拗な煽り、駐車違反や無理な追い越しなど例をあげるとキリがありません。しかし、そういった人の中には責任をなすりつけてくる者もいます。そんな場合の助けとなるのがドライブレコーダーです。ドライブレコーダーは運転時に自動的に作動してくれるので、事故の時に自分でカメラを構えるなどの必要はありません。作動のタイミングには種類があり、エンジン始動開始直後から一定時間録画し続けるものや、事故を察知して直前から撮影を始めて、事故終了直後に撮影を自動的に終えるものもあります。事故は個人同士の示談で済ます方もいますが、後からトラブルに発展する恐れもあるため事故を起こしたらまず警察を呼びましょう。その時に事故を起こした方が言い訳をし始めたらドライブレコーダーを証拠として警察の方に提示しましょう。動画として証拠が納められていれば、もう言い逃れはできません。ドライブレコーダーは前からの衝突以外にも後ろから追突なども撮影してくれます。基本的に車を運転しているときは前だけを見ているので、後ろから追突されることに気付かないこともあるでしょう。そういった場合に対応するためには後ろにもドライブレコーダーを付けておきましょう。そうすることで気付きにくい後ろからの事故を撮影できるだけでなく、カメラをつけていることを分かりやすくするようなシールなどがあれば、悪いところをカメラに映すまいとそれだけでも注意換気になります。
設置するだけでも十分に効果は高いので、万が一に備えてドライブレコーダーを設置しておくと事故が起きた場合でも慌てずに対応することができます。

素人では真似できない技術

車のドア

大きな傷や小さな傷に問わず、板金塗装屋に預けると外装面をほぼ新車と変わらないような状態にまで戻してくれます。大阪には板金塗装屋は多数あるので、お住まいの地域の付近で探してみるとよいでしょう。