車とレディ

後ろにドライブレコーダー設置するだけで事故は減らせる

このエントリーをはてなブックマークに追加

素人では真似できない技術

車のドア

免許を取り立てで初めての運転は誰でも緊張はするものです。また、車幅間隔がわからずに壁に擦ってしまったりしてしまうこともあるでしょう。しかし、車が新車であったりかなりキレイな状態のものに傷がついてしまうとそのショックはでかいでしょう。しかし、そういった傷は大阪の板金塗装屋に依頼することで直すことが可能なのです。その修復具合は、傷つけた元の場所が分からないほどに完璧に直してくれます。大阪の板金塗装屋で傷を直すとなった場合はパテを使って凹凸面をなくしていきます。しかしそれは誰でも簡単にできるような技術ではなく、凹凸一つ残さない技術はまさにプロの技です。傷がついた場所を直す場合、板金部分などであればへこんだ部分などは引っ張ってハンマーなどを使って極力元の形に戻していきます。しかし、一度変形してしまうと完全に元の形に戻すということが難しいため、形を整えた後はパテを使って表面を整えていきます。その後は塗ったパテが硬化しそれを目の粗いサンドペーパーと細かいサンドペーパーとを使い分けてひたすら削っていく作業です。しかし、これだけでは穴が完璧に埋まっていないこともあります。ある程度表面が整ったところで本塗料を塗る前に食いつきをよくするためのサーフェーサーというもの吹きかけます。この時に先ほど残った小さな穴が発見しやすくなるので、見つけた場合は再度パテを盛って整える作業を行なっていくのです。表面が完全に平面になったところで塗装をして完了となります。
大阪には板金塗装屋は多数あります。また営業日時もそれぞれ異なるので、ネットで大阪の各所の情報を調べてみるとよいでしょう。